NEWS

ファン歓喜!ディズニー・チャンネルの人気ドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」が復活決定!これにセレーナ・ゴメス本人も反応!「私たち戻ってきたわ」

「ウェイバリー通りのウィザードたち」左からセレーナ・ゴメス、デヴィッド・ヘンリー、ジェイク・T・オースティン

「ウェイバリー通りのウィザードたち」左からセレーナ・ゴメス、デヴィッド・ヘンリー、ジェイク・T・オースティン

Komugi Yamazaki

ディズニー・チャンネルの人気ドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち(原題: Wizards of Waverly Place)」が復活することが決定。現在制作中であることが明らかになった。Deadlineなどが報じている。

「ウェイバリー通りのウィザードたち」は、2007年10月~2012年1月にわたり米ディズニー・チャンネルで放送された人気ドラマ。ウェイバリー通りで暮らす、見習い魔法使いのアレックス、ジャスティン、マックスのルッソ家3兄弟の物語で、魔法を使ってハチャメチャな事態を巻き起こしていくコメディ・ドラマだ。

このドラマで、ルッソ家の長女アレックス役をセレーナ・ゴメスが務め、ドラマのヒットにより、セレーナ・ゴメスは一躍スターの仲間入りを果たすこととなった。

放送終了から12年が経ち、今回、同ドラマの続編シリーズが制作中であることが明らかになった。

報道によると、ウォルト・ディズニー・カンパニーのメディア事業であるウォルト・ディズニー・テレビジョンが、正式にパイロット版を発注したという。また、ディズニー・チャンネルの公式SNSも続編シリーズのパイロット版の脚本の表紙を公開している。

オリジナル版のキャストたちは続投する?

気になるのは、オリジナル版のキャストたちが続編シリーズで続投するかどうかということ。報道によると主要キャラクターのアレックス役のセレーナ・ゴメスは、ゲストスターという立ち位置で、再びアレックス役で出演するという。またセレーナは続編シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーも務める。

さらに、長男ジャスティン役のデヴィッド・ヘンリーは、続編シリーズでレギュラー出演をする契約を正式にしたという。デヴィッドは再びジャスティン役を演じ、また製作総指揮も務める。

セレーナは自身のインスタグラムのストーリーで、Deadlineの記事のスクリーンショットを投稿し「とっても楽しみ!」とコメント。さらにデヴィッドとの過去のツーショットを投稿し「私たち戻ってきたわ」とコメントし、またその次の投稿では、パイロット版の台本の一部分を公開した。

新キャストたちも続々と明らかに

続編シリーズではフレッシュな顔ぶれも。ディズニー・プラスで配信中のファミリードラマ「Just Roll with It(原題)」で知られるジャニス・リアン・ブラウン、ドラマ「Call Me Kat(原題)」のアルカイオ・ティーレ、ドラマ「アメリカン・プリンセス」で知られるミミ・ジャノプロスらが出演することが決定している。

続編シリーズのあらすじ

Deadlineによると、続編シリーズのあらすじは以下の通りだ。

魔法学校ウィズ・テックでの不可解な事件のあと、大人になったジャスティン・ルッソは魔法使いの力を捨て、妻と2人の息子と普通の人間としての生活を送っていた。そんな中、訓練を必要とする若くてパワフルな魔法使いがジャスティンを訪ねて来たことをキッカケに、ジャスティンはウィザード・ワールドの未来を守るため、自分の過去を受け入れなければならなくなる・・。

【動画】ウェイバリー通りのウィザードたち|第1話|ディズニープラスで配信中!

ABOUT ME
Pop Hunt
Pop Hunt
記事URLをコピーしました